モントリオールの美味しい生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by R*
 
[スポンサー広告
フランスから戻ってきました! ~ Le Bistro des Deux Théâtres
viewfromthesky2w.jpg 

7月5日からの3週間のフランス旅行を終え、25日にモントリオールに戻ってきました。
かな~りの数の写真があるので整理するのに時間かかかるかと思いますが
(途中で飽きる可能性も大(笑)、しばらくお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


とりあえず、初日パリでのレストランレポからスタートです。


desdeuxtheatres1w.jpg 

Le Bistro des Deux Théâtres

18 rue Blanche, Paris, France

Tel: 01 45 26 41 43
Fax: 01 48 74 08 92


こちらはチョコ星人の同僚がお勧めしていたレストランでホテルから徒歩でいける距離だったので
パリ滞在の初日と最終日に行ってきました。 ギャラリーラファイエットから徒歩でいける距離。
比較的手頃な値段で本格的なフレンチビストロ料理が食べられるレストランで有名らしく、
地元のお客さんで賑わっているようです。 


フランスは夕食時間が遅く8~9時からスタートのお客さんが多いので、開店と同時くらいに
入れば予約がなくてもどうにか入れますが席はあまりよくないかも?
(トイレの傍とか階段・ウェイターさんがばたばた通る通路の傍になる場合が) 
8時以降食事をしたい場合は、予約することをお勧めします。


desdeuxtheatres2w.jpg 


外観は只今工事中でこんな感じになってますが営業してます。
メニューは1個しかなくて、38ユーロのコース。
食前酒+前菜+メイン+デザート+ワイン1/2ボトルのセットです。 
食前酒(キール・ロワイヤルだっけ?)以外はリストの中から自由に選べます。 


パリに来たら絶対一度は食べていただきたいのが、フォアグラMi-Cuit(半分火を入れたという意味)。
テリーヌ型に押し込まれたねっとりフォアグラパテで、トーストと一緒に。
比較的どんなフレンチレストランにもあるメニューだったりするので、私はあちこちで食べ比べを
してみました(しばらくフォアグラは見たくないくらい(笑) ここのMi-Cuitは結構いけます。


desdeuxtheatres3w.jpg 


私のメインはステーク・フリット。 ステーキとフライドポテトのフレンチビストロの定番。
何故かフランスではSteakが、「Steck」、または「Steack」とランダムに綴られています。
せめて国の中では綴りを統一していただきたいものですが(笑)
チョコ星人のメニューは、子羊のローストとじゃがいもの付け合せ(食べてないからわからない)
フランスってマッシュポテトの方が多いイメージがあったのですが、フレンチフライが多い!
だからフレンチフライって言うのか・・・ メインはどれを頼んでも安定した美味しさのようです。
(2日行ったのでふたりで4種類食べた) ボリュームも満足。


desdeuxtheatres4w.jpg 


デザートはクレープフランべを。 シュガークレープに火をともしてアルコール分を飛ばした
(あんまり飛んでなかったけどw)グランマニエを。 料理の写真を撮っているのを見て、
ウェイターさんがフランべを勢いよくやり直してくれました。 ありがとうございます。
でもグランマニエかけ過ぎですから(笑) デザートはまぁまぁ。 デザート目当てに
行くようなレストランではないようです。 写真はありませんが、パリ最終日に行った時
オーダーしたプロフィテロール(アイスクリームの入ったシューにチョコソースがかかっている)は、
シューが冷凍戻しだったのかあまり美味しくありませんでした。 


パリはレストランが高い街なので、この値段でこの量だったら満足出来る人が
多いんではないかと思います。 ワインリストも悪くないし。
昔ながらの気取らないフレンチビストロ料理を手頃な値段で・・・という目的には
ぴったりではないかと思います。 ただパリ特有のものなのかよくわからないのですが、
ウェイターさん達の態度が・・・(笑) 微妙に馬鹿にされている雰囲気があるので
(特にベテランウェイターさん達)、それを軽く受けられる人でないと気分を害してしまうかも?
(私達、フランス語は出来るのですが、アクセントが違うため外国人扱いなのです) 


以上、初日Le Bistro des Deux Théâtresのレストランレポでした♪


食に関係のないフランス旅行記は別ブログでぼちぼち紹介させていただきます。
とりあえず、パリ到着初日の様子はこちらでどうぞ♪
パリ滞在2日目①エッフェル塔&セーヌ川のレポはこちらで。

Posted by R*
comment:4   trackback:0
[ソトゴハン。
comments

No title
フランスの人は、フランス一番!のプライドがあるとか。
(フランス語しゃべっても、アクセント違ってたらそんな
感じなのですねー。めんどくさーい。)
堺っ子と一緒なのかしら。「堺一番。堺LOVE」
。。。って、そんなちっちゃすぎる規模と一緒にするな!
と怒られますねー。(笑)

フォアグラって、ちょびっと食べるだけで満足。
たくさん食べ過ぎると、ぐへっとなるのですが、
パテは、フォアグラ100%なんでしょうか??
2009/07/27 23:49 | URL | edit posted by gumaco
No title
i-221 gumacoちゃん

パリの人にサービス業がなんたるかを教えてあげたいですね。
(お前が言うなと怒られそうですが一応サービス業してたのですw)
「アクセントは美徳」と思われているモントリオールに住んでるので、
ある意味新鮮でしたけど。 堺の地元LOVE度はよくわからないのですが(笑)
ここまで攻撃的じゃないと思うなー。 フランス人でさえ「パリの
ウェイターは・・・」って文句言うくらいですしねw

私もフォアグラは量を食べるもんじゃないと思います。
なんだけど、Mi-Cuitはすんごい量が出てくるんですよ。
大体つけあわせのパンを食べきっちゃって、「あと半分
どうやって食べよ~?」という計画性のない食べ方してます^^;
この量を是非焼きフォアグラで出していただきたい(笑)
Mi-Cuitってどうやって作ってあるのかなー?
フォアグラそのままっぽい味がするんですが、形がこうだしね。
形が崩れたフォアグラを型に詰めて固めるから、丸ままよりも
安いんだろうか・・・? ちょっと調べてみます。
2009/07/28 01:29 | URL | edit posted by R*
やっぱり!
突然失礼します。

私も感じました!
小ばかにされた感じ☆☆

フランス語勉強中に
片言で話しかけたら小ばかにされました~。

でも味は絶品でしたね☆
2009/09/07 10:11 | URL | edit posted by ゆうこ
No title
i-221 ゆうこさん

はじめまして。
ぁ、やっぱり感じてしまいましたか(笑)
私はかなり昔にパリに行ってるので、あの時は酷かったなぁ。
自分もフランス語なんて出来なかったので更に酷かったのかも?
その時よりはましになったと思うのですが、やっぱり小ばかには
されているようです(笑) あれは人種差別というより、
「パリっ子以外差別」なのであまり気になりませんけどw
2009/09/07 14:00 | URL | edit posted by R*


Thank you! Please make sure your comment is not 100% alphabet :-)
Please note that your comment will not show until it is approved.

コメントありがとうございます♪ 
コメントは承認されるまで表示されませんのでご了承下さい。















 

trackback URL
http://chezr.blog53.fc2.com/tb.php/546-81b3c5e9
trackbacks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。