モントリオールの美味しい生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by R*
 
[スポンサー広告
桜山のパンナコッタ ~ フレッシュ苺のパンナコッタ
hana4w.jpg 

カフェHANAの特別メニュー、桜山のパンナコッタです。
レシピ掲載が遅くなってしまってすみません。
裾野に散らしてあるのは無印良品の苺麦チョコなので、レシピをご要望の方は
無印良品まで直接どうぞ(迷惑な奴やな(笑)

レシピは、more...↓からどうぞ。

↓ 一応(更新滞っているけど(笑)レシピブログランキングに参加しています。
↓ 応援クリックよろしくお願いします。

recipe_blog_3.gif
4人分くらい
 
 粉ゼラチン 小さじ2
 水 大さじ4

 苺のピュレ 150ml
 牛乳 150ml
 グラニュー糖 大さじ3
 生クリーム 200ml

 飾り用(苺・麦チョコ・桜の花の塩漬け・粉砂糖) 適量


① 粉ゼラチンを大さじ4の水と合わせふやかしておく。

② 苺のピュレ(粒粒が残っててもよければフードプロセッサーでピュレにした状態で、
  粒が嫌だったら裏ごししてください)牛乳、グラニュー糖を合わせて、
  人肌程度の温度まで加熱する(コンロでも電子レンジでもよし)

③ ①のふやかしたゼラチンを電子レンジで加熱して溶かす。

④ ②の苺ミックスに溶かしたゼラチンをよく混ぜたら、氷水にボウルの底を浸して
  ゴムベラでゆっくりかき混ぜながらとろみがつくまで冷やす。

⑤ 生クリームを混ぜ込み、水でさっと濡らした器に入れて、冷蔵庫で冷やし固める。

⑥ 型から出し器に盛ったら、刻んだ苺、麦チョコ、お湯で戻して塩を抜いた塩漬け桜の花、
  粉砂糖で飾る。 型から外す時は、水に濡らした指でパンナコッタの縁
  (器にくっついているところ)を少しずつ離して脇に空気を入れてから
  お皿にひっくり返すと出やすいと思います。 金属製か薄めの型で冷やし固めた場合、
  短時間お湯につけてパンナコッタの表面を少し溶かして出す方法も。
  

*****

* 型抜き出来るようにゼラチンを多めに入れてあります。
  型から外さなくていい場合は、ゼラチンを小さじ1まで減らすことが可能です。

* 以前にも苺のパンナコッタのレシピを紹介させていただきましたが、
  こちらの方がつるんとした食感になるよう改良されています(以前のはもう少し硬めなので)
  
* 冷菓に粉砂糖をかけると溶けやすいので、「溶けない粉砂糖」というものを
  入手すると便利かと思います(私は東急ハンズで入手しました)
  本当に溶けないので(多分コーンスターチが多めに入っているため)
  かけ過ぎないように注意してください(笑)

Posted by R*
comment:2   trackback:0
[オカシ。冷
comments

No title
お久しぶりです
久々におじゃましてみてもやっぱり素敵♪
いつかいつか本にしちゃって下さいねー!
2009/04/20 12:54 | URL | edit posted by shiho
No title
i-221 shihoさん

お久し振りですー! 
これを出版してくれるような勇気のある出版社の方は
いらっしゃるのでしょうか?(一度引かれちゃいましたしw)
もう少し時間があったら自己出版も考えるんですけどね。
個人的にはとても楽しい企画なので、自分で読みたい(笑)
2009/04/20 17:45 | URL | edit posted by R*


Thank you! Please make sure your comment is not 100% alphabet :-)
Please note that your comment will not show until it is approved.

コメントありがとうございます♪ 
コメントは承認されるまで表示されませんのでご了承下さい。















 

trackback URL
http://chezr.blog53.fc2.com/tb.php/531-cec7820d
trackbacks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。