モントリオールの美味しい生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by R*
 
[スポンサー広告
再挑戦!マンゴープリン☆

mango-custard-2-r69.jpg

再挑戦!マンゴープリン☆
Mango Custard


懲りずに再度挑戦してみたマンゴープリン実験結果です。
(この際開き直って、自ら【実験】と称してます(笑)
先回は粉ゼラチンの量が少なかったのと、生クリームの量が
多かった(んではないかと?)ので、それを考慮して、
またまた行き当たりばったりレシピです♪

今回はちゃんと型抜き出来るかたさに仕上がりました。
プルプルではないけど、まったりで甘さ控えめの
美味しいマンゴープリンが出来ましたよ♪
口当たりはかぼちゃプリンに似てるかな?
ぷるぷる感を出すには、完全に生クリームを抜くしかないみたいです。

折角2度目の挑戦ということで(またこういうことをするから・・・(汗)、
今回は生のマンゴーではなくて、マンゴーの缶詰を使ってみました。 
マンゴーの缶詰って初めて買ったけど、マンゴーって茹でると黄桃に近くなるのね・・・ 
特にシロップの味は、黄桃の缶詰のシロップにかなり近い味がしました。 

今回使ったのは、韓国人が経営しているのではないか・・・?といつも思って
買い物している近所のスーパーで買った(前置きが長いです(笑)
TousainというメーカーのMangoes Sliced in Light Syrop
398ml/14ozという、タイから輸入されたらしいマンゴーの缶詰でした。

マンゴーの缶詰の味が嫌いという方もいらっしゃるので、少しドキドキしながらの
挑戦でしたが、私は平気でしたよ。 メーカーにもよるのかな?
生のマンゴーを使うのとでは、どうしても味に差が出来るのは、
缶詰のマンゴーには火が通っているし、缶のにおいがするから。
それが平気な人は、値段も安いし保存もきくので缶詰もお勧めです。

気に入って下さったら、ここ↓をクリック☆して下さいね♪

ba_blue.gif

Ok...  I'm giving a second try.  Here is mango custard,
which is a very popular asian dessert. 

This time, I used canned mango for an easy access.
Because canned mango is cooked, the texture and the
flavor of canned mango is different from fresh mango. 
I used Mangoes Sliced in Light Syrop 398ml/14oz
(Tousain) for this recipe.  But if you don't like canned
mango, it can be easily substituted by fresh mango. 
Click more... for the recipe.

If you like the recipe, please do not forget to click the
blue-and-white recipe blog icon placed above.

全体量400ml強It makes slightly more than 400ml

材料

Ingredients

 粉ゼラチン 10g
 水 大さじ2
 マンゴー(缶詰果肉だけ) 200g
 レモン汁 大さじ1
 牛乳 200ml
 砂糖 大さじ3
 卵黄 1個分
 生クリーム 大さじ4

 飾り:生のマンゴー(分量外)、
 余ったマンゴーの缶詰を
 ピュレ状にしたもの。

 10g powdered gelatin
 2 Tbs. water
 200g canned mango(without syrop)
 1 Tbs. lemon juice
 200ml milk
 3 Tbs. sugar
 1 egg yolk
 4 Tbs. of whipping cream

 For decoration: fresh mango and
 mango purée made with the rest
 of canned mango. 

【作り方】

① 粉ゼラチンを水大さじ2に振り入れて、ふやかしておく(15分位)
      Sprinkle gelatin over 2 Tbs. of water and leave for 15 minutes.

② 缶詰のマンゴー(果肉だけ)とレモン汁を合わせて、フードプロセッサーで
   攪拌し、ピュレ状にしておく(裏ごしも可)
      Purée the mango (without syrop) in a food processor. 

③ 牛乳と砂糖を合わせて鍋にいれ、中火で沸騰直前まで温めて火から下ろす。
      Put milk and sugar in a pot and heat until the mixture starts bubbling.
      Take the pot off the heat before it boils up. 
 
④ ③にふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜる。
      Mix in ①.

⑤ 別ボウルに卵黄をほぐし、④を少しずつ加えて混ぜる。
      Put the egg yolk in a bowl and mix in hot mixture little by little,
      constantly stirring. 

⑥ ボウルの底を氷水にあてながら、とろみがつくまでかき混ぜながら冷やしたら、
   生クリームを加えて混ぜる。
      Cool the mixture keeping the bottom of the bowl in icy water, stirring. 
      When the mixture thickens, add cream. 

⑦ 器に分け入れ、冷蔵庫で冷やし固める(表面にラップをかけておくと
   乾燥が防げます)
      Divide in (4) serving bowls and cool in the fridge (You can
      prevent the surface of the custard drying out by putting
      plastic wrap)

★ 手順の⑥はもしかしたら必要ないのかも? 以前パンナコッタを作った時
   2層に分かれてしまうという経験をしたので、今回も念のために全体を冷やしてから
   生クリームを加えてみましたが、この手順ですると とろみのあるプリン液を
   器に入れる時に少しやりにくいです(出来ないことはないですが)

Posted by R*
comment:11   trackback:0
[オカシ。冷
comments

おお美しい!!
本当に毎回感激します。
同じように作っても、きっとこんな風になるのは、かなりのセンスと才能がないと無理なんではないかなーと思います。その辺からも多くをまなぶことができて、とっても得した気分にさせてくれます。
感謝。感謝。(おいしさだけではない何か?)
それと、成功!成功!ボールひとつのバナナケーキ
あまりの手軽さに大丈夫?と思いつつ、なんともしっくりと焼き上がって、プーンとバナナのよい香りがした時にはほとんど発狂しそうになりました。後は盛り付け方、アドバイスあったら教えてください。
2006/05/30 21:54 | URL | edit posted by りっちゃん。
■りっちゃん。さん

いやいや、同じ様に出来ると思いますよ。
そんなに特別なテクニックは持ってませんし・・・(汗)

バナナケーキ、成功しましたか?(ほっ)
盛り付け方はホールだったらシンプルに粉砂糖。
縁にアイビーとか飾るといい感じかもね(撮影用ですが)
スライスした後は、ゆるめに泡立てたホィップクリーム+
フルーツ(赤とか青系のベリーがいいかな?)かなんかで
デコレーションしてみて下さい♪ バナナのスライス+
ミントの葉っぱとかも可愛いでしょうね。
(ひとりで妄想が広がってます(汗)
2006/05/30 22:05 | URL | edit posted by R*
生クリームの量が多いとプルプル感が出にくいのかー。
なるほど~。
缶詰で作るのもお手軽でいいね。でも、マンゴーの缶詰
って、うちの近所のスーパーにはないかも・・ていうか、ちゃんと
見たことがないかも。
探してみよ~。
2006/05/31 09:50 | URL | edit posted by chi-ko
■chi-koさん

多分そうだと思うんですよ。 果物のピュレを入れて生クリームを
入れると、どうしてもまったり系になってしまうので。 
本物のマンゴープリンは、牛乳とエバミルクらしいです。

マンゴーの缶詰って輸入物のお店に行かないとないのかな?
こっちでも普通のスーパーでは売っていないところも多いです。
2006/05/31 10:10 | URL | edit posted by R*
R*さんはじめまして(*^_^*)
レシピブログから遊びに来ました。
美味しそうなレシピがたくさんで、思わず履歴たどって
たくさん見させていただきました。
マンゴーのデザートはよく作りますが、マンゴージュース
と飲むヨーグルトをまぜまぜしただけの簡単デザートです。
マンゴープリン、レシピも載っているので是非挑戦してみたいです!!
英語もとても勉強になります。
モントリオールはきれいな街ってイメージなので、住んでいるなんてすごいですね!!
カナダは、バンクーバー、トロント、バンフは行ったことがありますが、モントリオールはありません・・・。
いつかいってみたいな~(^^♪
長々とすみません(^_^;)
また遊びに来ま~す(^o^)丿
2006/05/31 10:31 | URL | edit posted by りえ
■りえさん

コメントありがとうございます♪

私もマンゴーラッシー、よく作りますよ。 ブログで紹介するまでも
ないかな?と思って、紹介はしてないですけど(笑)
レシピの書き方がまずいのか長々と面倒くさそうですが、
実際は簡単に出来るので、試してみて下さいね。
もし缶詰のマンゴーが手に入らなければ、生のマンゴーで
少し砂糖を増やしてみて下さい♪

モントリオールはいいところですが、住んだらやっぱり普通の
街ですw 意外に国内旅行をするチャンスってないので、
バンフもバンクーバーも行ったことがありません・・・
ケベック州はカナダの他の地域とは違うので(プチ・
ヨーロッパらしいです)、機会があれば是非いらして下さいね♪
2006/05/31 11:45 | URL | edit posted by R*
わー!まったりマンゴープリンきっと好き!
おととしの夏に入荷した、まったりこゆいマンゴープリン、私は大好きだったのに昨年は入荷しなかったんですよね~。ああ食べたい!きっとあんな感じなんだろうな~。と写真を眺めながら、味を想像してます(笑)
本日、R*さんのバナナケーキを元にして作った、パウンドケーキをUPしています。
バナバケーキを作ったんじゃないんですがレシピはR*さんのなので本文中でリンクしてます。良いでしょうか?
よろしくどうぞ!!
2006/05/31 13:35 | URL | edit posted by ヤミー
■ヤミーさん

まったりマンゴープリンがお好きですか?
私は安物の(笑)ぷるん・つるんってのが好きなので、
これはまぁまぁかな?(って載せるなよっ!(汗)
次回は生クリームなし、ゼラチンの代わりに寒天で
作ってみたいと思います(また挑戦するんですね(汗)

リンク、光栄です♪ どんどんやっちゃって下さいw
今から見にいきまーす。
2006/05/31 13:49 | URL | edit posted by R*
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/01 00:50 | | edit posted by

(もしかしてもうご存知だったらゴメンナサイ)

パイナップルやキウイやマンゴは、タンパク質を分解する酵素が含まれているために、ゼラチンのタンパク質が分解されてしまい固まらないんです。
 そのかわりパイナップルもマンゴも缶詰になると、酵素が無くなるため、ゼラチンが固まります。

 ですから、どうしても生のマンゴやパイナップルでゼリーを作りたいときには、寒天で作ればきちんと固まります♪

2006/07/30 06:27 | URL | edit posted by keroの仲間たち(noe,shinobu
■keroの仲間たち(noe,shinobu)さん

アドバイス、ありがとうございます♪
はい・・・後で気がつきました(汗)
ゼラチンを大目に入れれば固まるのかなぁなんて
思ってたんですが、生マンゴーではそんなことないんですね。
3回目に寒天で作って綺麗に固まりましたよ♪
ゼラチンと寒天では食感が違うので、これも好みでしょうね。

ありがとうございました。
2006/07/30 11:26 | URL | edit posted by R


Thank you! Please make sure your comment is not 100% alphabet :-)
Please note that your comment will not show until it is approved.

コメントありがとうございます♪ 
コメントは承認されるまで表示されませんのでご了承下さい。















 

trackback URL
http://chezr.blog53.fc2.com/tb.php/116-86c05fc3
trackbacks
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。