モントリオールの美味しい生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by R*
 
[スポンサー広告
お菓子のお家・・・?

NYCのDylan's Candy Barに行ってきました。

1011 Third Ave
New York, NY 10021
646-735-0078



お菓子の階段。



食べ物関係なんだけど本家ブログの方にレポを上げてしまったので、
興味のある方はこちらへどうぞ。


スポンサーサイト
Posted by R*
comment:0   trackback:0
[ソザイ。
db Bistro Moderne @ NYC

突然ですが、ニューヨークに行ってました。



Times Square



赤西仁のコンサートがNY行きの目的だったのですが(そこ! 「え~」とか言わない!w)、
折角2泊3日で行ってきたので少しだけ観光も。
食べ物関係のレポはこちらで。 他は本家ブログの方で。



LEGO PARADISE
FAO Schwartz @ NYC
Apple Flagship Store @ NYC



NYC到着は土曜日の夕方。
その後予定があったのでゆったりレストランには行けないなと思って調べていなかったら
7時くらいに予定がなくなってしまったので、何処に行こうか迷った挙句
チョコ星人に聞いていたホテルの近くのフレンチビストロ屋さんへ。
NYCまで行ってフレンチビストロというのもなんですけど(汗)、他に調べてなかったし、
次の日のために体力を温存しておきたかったためあまり遠出はしたくなかったし。
本当はお寿司が食べたかったんだけど、調べていたところはちょっと遠かったの。



そんな訳で行ってきたのは、db Bistro Moderne

55 West 44th St.
New York, NY 10036
212-391-2400



db Bistro Moderne



いかにもHIPなNYっぽいフレンチビストロ。
誰もフランス語出来なさそうでしたけど(笑)
チョコ星人が以前に行って、「値段もそこそこで味もまぁまぁ」というところ。
NYCってレストランが滅茶苦茶高いと思うので(モントリオールに住んでいると特に・・・)、
予約もなく行ったけど、ひとりだったのでカウンター席のようなところにすぐ座れました。
土曜日だったせいかショウの前に食事に来る人が多かったみたいで、8時にはがらがらでしたけど。



写真がいまひとつでごめんなさい。
iPhoneで撮ったから・・・というか、店内が滅茶苦茶暗かったのです。
食べているものすらわからないくらいに(笑)
ニューヨーカーの考える「お洒落」はどうもわかりづらい。



db Bistro Moderne



アミューズグールは、蟹サラダ(れんげにひとくちサイズのってきた)と、
チーズスティック&ペストマヨネーズと黒オリーブのタプナッド(ペースト?)

前菜は、トマトのタルトタタン。 この店のお勧めだということだったので。

メインは、なんとかタラ(笑)のグリル、はまぐり、野菜スープ添え。
流行りの泡泡がのってました。

デザートは頼まなかったんだけど、ディナーを食べるとサービスでつけてくれるらしい
ひとくちデザートのプレートが出てきました。 最近の流行りですね。
小さなチョコマカロン、苺のマシュマロ(この時期に?)、プレーンマドレーヌだったかな? (写真なし)




感想は・・・ これで6000円は高いかな?(ワインなし) NY値段にしては安いのかもしれないけど。
モントリオールだったら、この値段で前菜・メイン・デザート・珈琲までいけます(量もがっつり)
フランスではないけどフランス語圏のモントリオールに住んでいる私には、
フレンチビストロなのに何故か味付けがアメリカっぽいと感じました。
全体的に塩が効き過ぎててフレンチっぽくない。
ハーブの使い方があまり上手じゃなかったかな?
バジルしか使えないんかい?というメニュー構成だった・・・^^;
トマトのタルトタタンは美味しかったのですけど、何故か家庭的な味。
レストランだったらここにトマトソースは挟まないんじゃないかと・・・
(それが市販のトマトソースのような味で塩辛かった)
メインの魚の方も何かが足りない感じ。 「何が」というのがよくわからなかったのですが。
お魚自体は美味しかったです。 アメリカにしては、パンが美味しかったのはプラス。
(バターは美味しくなかった・・・) 



タイムズスクエアからも近いので、ショウの前に手頃な値段、
お洒落な雰囲気でお食事を・・・という方にはお勧め。
ただフレンチビストロ特有の「ちょっと特別なフレンチテイスト」はなかったです。
NYでこの値段で、それを求めるのが間違っているのかもしれませんが。
フレンチビストロに慣れている人にはお勧めしません。
「うお! これ食べてみたい!」というメニューはないので。
あとNYでのフレンチビストロの浸透率というのは低いのかなと感じました。
タプナッドとかバジルマヨネーズが出てきた時、説明の後「何か質問は?」と言われたり(ないよw)
「タルトタタンって・・・」と言い出したら、ウェイトレスさんにタルトタタンの説明をされかけたり。
私は前菜サイズかメインサイズか知りたかっただけなんだけど(笑)
アジア人だからそういう扱いだったのか(NYCだから旅行者も多いだろうし)、
一般的にそのレストランに来るお客さんへの扱いだったのかよくわからなかったですけど。 



そうそう。 英語圏のレストランに行く時の注意。
フランス語でentrée(オントレ)というのは現在一般的に前菜という意味なのですが、
英語圏ではメイン料理のことを指します。 (間違えそうになった私)
量が違ってくるのでご注意を。



それにしても、ひとりでレストランディナーはつまんないね。


Posted by R*
comment:2   trackback:0
[ソトゴハン。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。