モントリオールの美味しい生活。
ケベックシティで美味しいフレンチ - Le Saint-Amour

quebeccity14w.jpg 
建州400年記念、夏祭り真っ只中のケベックシティに行ってきました♪
1608年にフランスからの移民がヌベルフランス、ケベックを立ち上げて400年。
平日だったにもかかわらず、かなりの人手で盛り上がってました。
ぽつぽつ降ったり止んだりの雨にも負けず観光してから、チョコ星人がどこかの
ワイン雑誌で読んでやたら行きたがってた(ワイン好きなので(笑)レストランへ。
quebeccity11w.jpg 
こちらはケベックシティ観光メッカ、フロントナック城。 お城と言ってもホテルです。
今行くと修復工事の最中に発見してしまった遺跡(昔の街跡)が見学出来ます。
quebeccity12w.jpg 
quebeccity13w.jpg 
セント・ローレンス河を見下ろすフロントナック城前のデッキからの景色。
乙女心のような空模様だったのですが、ところどころ晴れ間も見えてます。
お店の写真を撮るのを忘れたので、風景写真で誤魔化してみるw

Le Saint-Amour
48 rue Sainte-Ursule, Vieux-Québec
Tél. : (418) 694-0667


Frédéric Boulayがシェフを務める Le Saint-Amour 。
今回は5サービスのInspirationという50ドル前後(ワインは入れず)のコースをチョイス。
チョコ星人とゲストさんはグラスワイン2杯ずつ足してましたが。
もうひとつの7サービスのコースにはフォアグラもついてるんですが、
料理だけで95ドルはちょっときつい・・・(汗) コースは日々変わります。
店内の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、フレンチビストロにしては
フレンドリーな感じ。 ドレスアップしなくても入れます。
私達が通されたのは1F席の天窓つきの部屋だったので、
最初の方は撮影もスムーズでした(ポイント高し(笑)

1st service: ガスパッチョ、パルメザンとバジルの泡のせ。
バジルとパルメザンがふんわり泡に溶け込んでいい感じ。
暑い日だったので、冷たい前菜は嬉しいです。
この泡はどうやって作るんだろう? クリームより軽く、カフェラテのミルクの泡より
しっかりしてました。
quebeccity32w.jpg 
2nd service: カリブ(となかいみたいなもの)のタルタル、フォアグラのムースのせ。
上にのってる薄くスライスされたものはトースト。 こんなに薄く何で切るんだろう?
quebeccity33w.jpg 
3rd service: 季節の野菜のポタージュ、バルサミコ風味。
紫蘇のようなものがのってました。 上に乗ってる泡は白トリュフ風味の・・・
なんだったっけな・・・?(汗) 美味しかったんですが、覚えてませんw
チョコ星人がこれを再現しろとうるさいので、もう一度連れていってもらおうかと(笑)
quebeccity34w.jpg 
4th service: 子牛ロースト、季節の野菜添え。 にんにくの芽が懐かしい(笑)
焼き加減を聞いてくれないんですが、ミディアムレアくらいで出てきます。
チョコ星人の妹さんとかは絶対行けないレストランですね(まぁ、リクエスト出せば
聞いてくれるでしょうけど(笑) メインミールは魚かお肉かを選べます。
3人ともがっつりお肉!
quebeccity35w.jpg 
5th service: チーズかデザートを選べます。 私達は全員迷わずデザートに(笑) 
苺のパンナコッタ、ラズベリーとバニラのパルフェ、ブルーベリーのチョコレートケーキ。
チョコレートケーキが生チョコみたいで美味しかったです。 こうやってちょこっとずつ
色んなデザートが食べられるのはいいですね。 「もうひと口食べたい!」と
思わせてくれます。
quebeccity36w.jpg 

こんな感じの5サービス。 個人的にはかなりお勧めです。
カジュアルな雰囲気だけど、サービスは良し。 写真を撮っててもまるで
関心のなさそうなウェイターが魅力的でした(笑)
子供用のメニューも随時3種類あるらしいので、子連れでも大丈夫っぽいです。
ワイン雑誌に載るくらいなので、ワインのセレクションもソムリエのチョイスも二重丸。
2階にトイレがあるんですが、ガラス張りのワインセラーも覗けますので是非(笑)
今はカナダドルが高いので日本からの観光客にはちょっときついかもしれないけど、
50ドル(+ワインとチップ)でこれだったら、旅の記念にお勧めです。

久し振りにアートを食べた気分の1日でした♪

 

スポンサーサイト



Posted by R*
comment:10   trackback:1
[ソトゴハン。
| HOME |