モントリオールの美味しい生活。
Christmas Dinner 2007

christmas2007w.jpg

今年のクリスマスは、出張ディナー。 ゲストのひとりが急に入院。 手術は成功したものの
退院したばかりでモントリオールまで来れないということだったので、急遽その人のお家で
ディナーパーティーをすることに。 持ち寄りだったので、私の担当はメインとデザート。
写真はちょこっとですけど、見てやって下さいね(久し振りの料理記事だし?(笑)

今年も年末年始に日本に一時帰国することになったのと、自分の家でのパーティーが
なくなっちゃったので、今年はクリスマスの飾りつけはなしです(涙)
あと1週間で帰国なので、そんなことしてる気持ちの余裕がありません。
昨日も大雪が降ってしまい(月曜日は今年2度目の休校!)、お土産買いにも行けないし。
デコレーションの写真は、持ち寄りクリスマスパーティーの会場になった人のお家です。
christmas20071w.jpg
私が持って行ったラザーニア。 いつものミートソースと鍋いっぱい作ったホワイトソースを、
茹でる必要のないオーブンで焼くだけドライラザーニアと層にします。
ラザーニアは前もって作っておいてディナーの前にオーブンに入れるだけなので、
持ち寄りの時だけじゃなくてお家ディナーの時も便利です。 ラザーニアが嫌いという
人は滅多にいないので、魚介類アレルギー+食べず嫌い+好き嫌いの王様がうようよいる
パーティーでも大人気。 バックアップの「もうひとつのメイン」を持って行くことの出来ない
持ち寄りパーティーはこれが一番です。 使い捨てのアルミの容器に入れて。
christmas20075w.jpg
ラザーニアは焼き立てを切り分けたいところですが、オーブンから出してすぐに
包丁を入れると雪崩が起こります。 オーブンから出したら5~10分我慢の子。
それから包丁を入れると比較的綺麗に切り分けられます。
christmas20076w.jpg
5分待てなかった模様(笑) ちょっと崩れてますが、許していただきましょう。
私が切り分けたんじゃないしw 久し振りで美味しい~♪
ケベック州でよくあるラザーニアにはホワイトソースが入らなくてミートソースだけなので
(それも肉が少ない(笑)、私の作るラザーニアは大人気です。 

デザートは、初挑戦のロールケーキ、ビュッシュ・ドゥ・ノエルです。
christmas20072w.jpg
ビュッシュ・ドゥ・ノエルとは、フランス語で「クリスマスの薪」という意味。 
なんとなく薪っぽい? ちゃんと「の」の字になってますよね?
クリームのつきが均一じゃないけど^^;

スポンジケーキは、mama's cafe vol.5 p.17 のレシピで。 バターの代わりにサラダ油を
使うからか、手触りはしゅわしゅわ。 冷めてもしっとり巻きやすかったです。

*著作権の制限がよくわからないので(問い合わせても返事もきませんし)、
レシピは載せていません。 本が手に入らない方はご連絡ください。

クリームは、究極のチョコレートケーキのチョコレートバタークリームを使いました。
ホィップクリームよりしっかりしてるので、ロールケーキ初心者には向いてるかも?
冷蔵庫で冷やしておくと、このままラップをかけて持って行けました。
christmas20073w.jpg
持って行った先でラズベリーを並べて、粉砂糖を降りかけたら出来上がり♪
日本のレシピらしい(笑)甘さ控えめのスポンジに少し甘めのチョコバタークリームの
組み合わせが大人気。 「もうお腹いっぱい!」と言いながら、みんなで完食。
既にチョコ星人から、「帰国の前にもう1個作ってね」とリクエストが入っています。
(帰国まであと1週間もないのに^^;)
christmas20077w.jpg
christmas20078w.jpg
バタークリームは、必ず室温に戻してから食べて下さい。 冷たいままだと
バターの味がして美味しくありません。

christmas20074w.jpg
いつもより少しスケールダウンしたクリスマスディナーだったけれど、みんなでわいわい
がやがやと楽しい集まりになりました。 今度はJさんの誕生日ね。
今度はモントリオールで出来るかな?

FC2の管理画面、変わったんですね(今頃気付いた^^;) つ・・・使い辛い。

スポンサーサイト



Posted by R*
comment:14   trackback:0
[オモテナシ。
| HOME |