モントリオールの美味しい生活。
春のカルボナーラ。

spring-pasta.jpg
春のカルボナーラ。

またもやR*家の普段の食卓を。 カルボナーラは以前レシピを紹介してますからね。
(カルボナーラのレシピはこちらで) 火を止めてから卵とパルメザンチーズを
混ぜたものを加えるので、半熟卵ととろけたチーズでとろとろカルボナーラです♪
たまにしか作らないので、この際カロリーは気にせずに(笑)

セッティングはこんな感じ。 毎日模様替えなんて出来ないのでキャンドルは
使いまわしです。 お皿は四角の白に変えて。 ランチョンマットを色々持ってると
応用が効きますね。 
spring-pasta2.jpg
昨日使ったキャンドルホルダーは今日も引き続き使います。 キャンドルの下に
登場したのは、葉っぱの形をした樹脂(?)のお皿。 食卓に緑を添えたい時に
活躍してくれる緑のお皿です(笑) こういう長いお皿ってオードブルを盛ったりするのにも
いいので、ひとつ持ってるとテーブルに変化がつけられそうです。
spring-pasta3.jpg

今日のごはんも超簡単・高速。 パプリカとブロッコリーに塩・胡椒してオリーブオイルを
しっかり塗したら、オーブンで20~30分位焼きます。 パプリカが苦手な方は、
皮を剥いて食べるといいですよ。 ピーマン嫌いの子供もこうやって皮を剥いてあげると
食べれちゃったりします。 皮をぴろっと剥くには、皮にまんべんなく油を塗ってから
焼くのがコツ。 ガスコンロだったら串に刺した丸ままのパプリカを皮が黒こげになるまで
焼いて、ボウルに入れたらラップをします。 蒸らすことで皮が剥きやすくなりますよ。
ブロッコリーは茹でるより色が悪くなっちゃうけど、葉のところはパリッと。 甘みも
増すような気がします。 栄養価が茹で汁に逃げちゃうこともないしね。

野菜を焼いてる間にパスタソースを用意。 今日は生パスタ(フェットチーネ)を使ったので、
お湯さえ沸かしておけば茹でるのは数分。 夕食時間に合わせて茹で上げます♪
上に散らしたのはパルメザンチーズをピーラーで削ったもの。 粉にするより豪華に見える?
spring-pasta4.jpg
カルボナーラって白っぽいのでそれだけ盛るとお皿がつまらないですよね。
グリルした野菜を添えて、彩りと繊維質をプラス♪ ロケットも散らせば春の雰囲気?
プチトマトもあったらよかったなぁ。

平日の夜ごはんなので勿論ワンプレート。 
akarino.jpg
このようにR*家の夜は更けていきます・・・

(あぁ~。 レシピ書かないと楽ですね。 はまりそう(笑)

スポンサーサイト



Posted by R*
comment:18   trackback:0
[フツウノゴハン。
| HOME |