モントリオールの美味しい生活。
おウチでツィール♪

tire1.jpg
おウチでツィール♪
maple toffee


お久し振りです。 すっかりサボり癖がついてしまったR*ですw
本当はイースターに向けて着々と準備を進めている予定だったのですが・・・

電動泡立て器が壊れました~!(涙)

作ろうと予定していたお菓子が全部電動泡立て器が必要なものばかりだったので、
なんだかそこでつまづいて他にも手がつけられませんでした(涙) 今日どうにか
直したので(それも自分で(笑)お菓子を作ってはみたんですが、失敗・・・(うぅ)
美味しかったんですが写真が撮れない状態だったのでまたやり直します。
まぁ、そんな訳で今日はメープルシロップを煮詰めて作るツィールのご紹介を
したいと思います。 メープル祭、終わったところなのに・・・(笑)

ツィール(Tire)は、フランス語でメープルタフィー(maple toffee:英語)のこと。
メープルシロップを更に煮詰めて蜂蜜より少しゆるいくらいの濃度にしたもののことです。
tire2.jpg
普通の家庭で作る時はこのように。 大きな底の厚い鍋でメープルシロップを
224~226℃くらいになるまでぐつぐつ煮ます。 本当はもっと大きな鍋で作ったほうが
美味しいらしいんですが、そんなに消化出来ませんからね(笑) シロップが
ぶわ~っと吹き零れそうになった時は、牛乳を数滴振り入れると収まります。
不思議。 牛乳を入れると温度が下がるので煮詰めるのにかなり時間が掛かるけど、
お喋りしながら気長に待ちます。 牛乳を片手に温度計をチェックしながら適温に
なるまで熱します。 部屋中がメープルのいい匂い♪

伝統的には外でやる行事なんですが、今回は室内で。 つい先日雪が降ったばかりなので
雪集めは簡単です(笑) 裏庭に出て雪をかき集めたら、バットのような容器に雪を
ぎゅーぎゅーに詰め込みます。 がっしり詰め込まないとツィールを垂らした時に
穴が開いてしまいますのでしっかりと。
tire12.jpg

がっしり詰め込まれた雪の上に、煮詰めた熱々のシロップ(ツィール)を少しずつ
垂らして少し待つと水飴状に固まるので、それをフォーク(又はアイスキャンディーの棒)で
絡めとります。 この子は既にフォークを持って待機(笑)
tire3.jpg

この真剣なまなざし↓を御覧下さい(笑)
tire5.jpg

氷がついちゃったけど、この位薄めの味が好きです。
tire6.jpg
tire4.jpg

こうやってしばらく氷の上のツィールを楽しんだら、残ったツィールはもう少し
煮詰めます(236℃程度) 粗熱が取れたら、プラスチックの容器に入れて完全に冷まします。
冷まして固まったら、表面にお水を入れて蓋をします(水を入れると表面がメープル
シュガーのように固まってしまうのを防げるそうです) この状態で冷蔵庫で長期保存も可能。
tire7.jpg
tire11.jpg

その日のディナーのメインはメープルシロップ味のハム。 茹でてやわらかくしたハムを
裂いたものに、メープルシロップと水を混ぜたものをひたひたになるくらい入れて
アルミホイルをしたらオーブンで焼くだけ。 やわらかくて美味しい♪
tire8.jpg

お持ち帰りさせていただいちゃったので(笑)、今日の朝ごはんにも。 このソースを
マッシュポテトに混ぜて食べると最高です♪
tire9.jpg

お持ち帰りさせていただいたのはハムだけではなくて・・・
tire10.jpg
先週採れたばかりのメープルの樹液を煮詰めて作ったメープルシロップ!
540ml入りの缶10個です♪ 半分は両親のところへ、半分はウチ用です。
メープル祭が終わったところなのに、また何か作らないといけないようです(笑)

グッドフライデーに肉は食べちゃったし(イースター直前の金曜日は魚を食べるのが
習慣なんです)イースターチョコも食べなかったので、イースターというより
メープルシロップ尽くしに行ったような気分ですね。 今年はメープルシロップの
レストランには行く予定がないので、雪の上のツィールをこうやって楽しむことが
出来てラッキーでした。 また来年やろうね♪

イースター作戦をしてるかと思ったらまだメープルから抜け出せてないR*に(笑)、
今日も応援クリック☆よろしくお願いします。

recipe_blog_3.gif 20060225075712.gif

スポンサーサイト



Posted by R*
comment:18   trackback:1
[オカシ。煮
| HOME |