モントリオールの美味しい生活。
忙しい日のおもてなし in summer

July-dinner-1-r60.jpg

忙しい日のおもてなし in summer
dinner after a busy day

今週末は市外からお友達が泊りがけで遊びにきてくれたので、
土曜日のお昼は観光を楽しみました。 お馴染み(笑)オールド・モントリオールと
中華街をぶらぶら。 Mt. Royal (ロイヤル山)からモントリオールを一望してから、
おウチごはんです。 久し振りに来てくれたお友達には、ちゃんと美味しい料理を
食べて貰いたい! けど時間がない!という時に最適の【前もって準備出来るディナー】と
【必見!いつもの献立を特別に見せる裏ワザ】のご紹介です♪

I had my friends over from out of town this weekend.
We wondered around Old Montreal and Chinatown.
Then, we went up Mt. Royal to see the Montreal from
the top of the mountain in the middle of the city.
After a busy day like this, your dinner has to be easy
and be ready quickly.  Of course, you want to entertain
your friends with a special meal, too.

Here are some ideas of dinner dishes that can be prepared
in advance and little tricks to make your dinner table look
special!  (Enjoy the images from here.  I'll add recipes
and links later).   If you like the photos and want to get the recipes,
please do not forget to click the Blue-and White Recipe Blog icon
and the orange FC2 Blog Ranking icon placed at the end of
this entry to vote for me!!

july-dinner-2-r60.jpg

先ずはテーブルセッティング。 今回のテーマは、【海辺のレストラン】
(まぁ、自分の頭を整理するためのテーマですから、「へ?」と思っても聞き流して下さい(笑)
テーブルクロスを広げるのは一瞬だけど、特別な気分を出したい時には最適。
面積が大きいので、配色のベースを設定するのに役に立ちます。
今回は砂浜っぽい色のリネンのテーブルクロスを。 器は白とガラスで統一。
アクセントに青いトワル柄の紙ナプキンを添えてみました。 海辺のテーマには、
やっぱり青のアクセントが要りますからね♪

トワル柄のナプキンの上には、100均で買った貝殻をひとつ。

july-dinner-3-r70.jpg

いつものガラスのキャンドルホルダーの底には、少しだけ粗塩を入れて
ティーキャンドルを置きます(安定させるため) 周りに小さな貝殻を飾れば、
小さな砂浜キャンドルライトの出来上がり。 ガラスのコップなどでも
簡単に出来るアレンジですね。 バターはまわしやすい様に籠に入れて。 
ここにも同じ紙ナプキンを敷いてアクセントカラーにします。

今回のディナーは3コースミール。 前菜、メイン、デザートという順番にサーブします。
前菜は、レンズ豆とフェタチーズのサラダ。 サラダと言っても酢は入っていなくて、
炒めたベーコン、玉ねぎ、パプリカに茹でたレンズ豆を加えて、フェタチーズを和えただけ。
(レシピは後日アップします) 温かいままでも冷たくしても美味しくいただけます。
前日に作っておいて冷蔵庫にいれておくだけで、当日にミックスレタスとお皿に盛ります。
パプリカやトマトをくり抜いたカップにサラダを入れてもいいですね。

lentil and feta salad ■ レンズ豆とフェタチーズのサラダ (←レシピはここをクリック)
july-dinner-4-r60.jpg

メインディッシュは、10分もあれば温め直しの出来る煮込み料理を。

boeuf bourguigon ■ ビーフ・ブルギニヨン (←レシピはここをクリックしてね)
july-dinner-5-bb-r60.jpg

ビーフ・ブルギニヨンは、ブルゴーニュ地方の赤ワインを使って煮込んだ
牛肉のシチュー。 煮込み時間は掛かるけど、前日に煮込んでおいて
当日は温め直すだけで、おもてなし感いっぱいの温かい料理が出来上がります。
「夏に煮込み?」と思うけど、あちこちの冷房で体は冷えていたりするので、
1品位は温かい料理を出すのもいいかも? 本当は炒めたマッシュルームを
最後に入れるはずだったんだけど、忘れてしまった・・・(汗) まぁ、それもご愛嬌?(笑) 
添えは、コンソメ入りのお水で普通に炊飯器で炊いたごはん。 人参のすりおろしも
入っています。 ディナーの前に乾燥パセリを混ぜるだけ。 バターを落としても美味しいです。

デザートはディナーの一番のお楽しみ♪

tiramisu ■ ティラミス ←クリックするとレシピに飛べます。
july-dinner-6-r60.jpg

デザートの王道(笑)、ティラミスです。 すっごい美味しいレシピなので、待っててね♪
ティラミスの材料、マスカルポーネチーズはちょっと高めなので頻繁には買えないけど、
1年に1回位は買ってこれを作ります。 チーズとレディーフィンガー(スポンジ生地でも
代用出来ます)さえ買えば、比較的簡単に出来るけど、「おぉ~!」効果の高い1品ですw
甘さは控えめに、洋酒(アイリッシュクリームとラム)をきかせてオトナのデザートに♪

july-dinner-7-r80.jpg

大きな器にひとまとめに作っておいて、取り分けていただくタイプなので、
冷蔵庫でもそんなに場所を取りません。 勿論前日に作っておいて、
コーヒーメーカーをセットしたら、ティラミスを好きな分だけ取り分けるだけ。
前もって準備出来る3コースで、ゆっくりディナーが楽しめますね。

ちょっと写真は少なめだけど(ホストがディナーを楽しみ過ぎですね(汗)、
ディナー直前の準備は、ほとんどテーブルセッティングだけという
究極の(笑)【前もって作っておけるぞ】ディナーのサンプルでした。
普通は3コースでOKですが、もっと上等にしたい場合は、
前菜の前にフィンガーフード(手でつまめるカナッペとか)と食前酒を足したり、
肉料理の他に魚料理を加えたりと、品数を増やしてみて下さい。
以前も言ったと思いますが、料理の味が重ならない様にすることだけは
忘れないで下さいね(醤油味のものばっかりとか、クリーム味のもの
ばっかりだと段々飽きてきてしまいます)

それではR*の裏ワザを一挙公開!(笑) ■テーブルセッティングのコツの巻■

 テーマを決める。 先ずは全体のイメージを設定します。
   テーマは、ブログのテンプレートみたいなもの。 内容は同じでも
   テンプレートを変えるとかなり違う雰囲気になりますよね。
   テーブルコーディネートもそれと同じ様に思います。 
   どんなディナーを演出したいのか、しっかり決めてから準備すると
   まとまりのある「レストランみたい♪」と言われるディナーになります。

 テーブルクロスを数枚用意しておく。 テーマに合わせて使いまわしが出来る様に
   数枚持っているとあっと言う間に背景が出来るのでお勧めです。
   基本の白が一枚、グレーっぽいベージュのリネンのクロスが1枚あると便利ですね。

 キャンドル! 特別なディナーを演出するのに、灯りは必需品です。 
   なんてことないティーキャンドルも、砂や塩などで固定して、
   貝殻や乾燥豆、小さな果物(クリスマスにクランベリーも可愛かったです)、
   木の実、ナッツ、コーヒー豆・・・などで飾ると特別な雰囲気に。 食事の際には、
   においのないキャンドルを選んで下さいね。  

 小物を活用すること。 今回は100均で1袋買った貝殻を活躍させてみました♪
   秋だったらその辺で拾った(笑)木の葉や木の実。 好きなお花をアクセントに
   使ってもいいですね。 和風のディナーなら千代紙の折り紙を1セット持っていると
   ナッツ入れの箱を作ったり、箸置きを作ったりなんてことも出来ます。
   りんごやレモンなどの果物や手持ちの豆皿をテーブルの飾りに使ったことも。
   高いお金を出さなくても、使える小物はその辺に転がっているはず?!

 紙ナプキンは、数種類常備しておく。 テーブルクロスと同じく、
   テーマカラーを決めたり、アクセントカラーに使ったりと、手を拭く以外にも
   便利なものです。 子供の日には、紙ナプキンで兜を折ったりもしましたね。

「これなら私でも出来るかも♪」と思った方、クリック☆よろしくお願いします。
(レシピはぼちぼち紹介していきますので、待っててね)

ba_blue.gif 20060225075712.gif

スポンサーサイト



Posted by R*
comment:16   trackback:0
[オモテナシ。
| HOME |