モントリオールの美味しい生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by R*
 
[スポンサー広告
beef stew

ちゃんとごはんは作ってるんだよー。



beef stew。



小麦粉を少し塗した牛肉をにんにくを熱した油で炒めて。
大きめに切ったたまねぎ、セロリ、キャベツをどかん。
さらっとかき混ぜて油でコーティングしたら、トマトを足して。
濃縮ビーフストックとお湯を材料の2/3が隠れるくらいに。
塩胡椒&ローリエを入れたら、圧力鍋の蓋を閉めて強火。
蒸気が出てきたら火を弱めて10分。後は圧力が抜けるまで放置。
デミグラのこってりビーフシチューじゃなくて、
こっちでよくあるビーフブルギニヨンっぽいさらっとしたスープ煮みたいな感じ。



これにごはんを添えたら出来上がり。
シチューは野菜も一緒に調理出来るので便利だなぁ。
明日のお弁当分までがっつり。 やったね。


スポンサーサイト
Posted by R*
comment:0   trackback:0
[ニク。牛
子牛のスキャロッピーニパルメジャーノ。

vealp1w.jpg 
一応料理はしてるんですよ(笑) ただブログに載せるようなものじゃないだけで。
これは先日の夜ご飯。 簡単イタリアンです。

Veal(子牛)のスキャロッピーニ(薄く叩いてあるテンダーロイン部分)を塩・胡椒したら
小麦粉、卵、パン粉をつけて少ない油で揚げ焼きします。 
後でオーブン焼きにするので、表面を焼くだけでOK。 
肉が薄いので、すぐ火が通っちゃいますけどね(笑)
パン粉は細かく砕いておくと、イタリアっぽい雰囲気になります。
(こちらのパン粉はやたら粒が小さいので) 
私は好みでわざと日本の粗いパン粉を使ってますが。
表面に焼き色をつけた子牛をオーブンシートを敷いた天板にのせて、
ハムのスライス、モッツァレラ、パルメザンチーズのすりおろし(又はスライス)、
パセリをのせてオーブンでチーズがぶくぶくと溶けるまで焼きます。 
本当はハムとチーズを2枚のスキャロッピーニで挟んでパン粉をつけるんですが、
そうすると量が多過ぎるので私はこの方法の方が好きかも?
日本の方で、「子牛なんて手に入らないー!」という方は、豚肉で作ってみても
美味しいですよ。 

220 私がレシピに使っているパルメザンチーズは、常温保存の既にすりおろしてある
○raftのあれじゃありません・・・ 5~7年もののパルメジャーノレジアーノの
塊を使ってます。 

オーブンで焼く過程までを前もってやっておくことも出来るので、
(揚げ焼きした子牛を冷ましてラップに包んで冷蔵庫に)
おもてなし料理にもお勧めです。 これをトーストしたパンに挟んで
サンドイッチにしても美味しいです♪(多めに作って次の日のお昼にw)

この料理の添えは、当然のようにトマトソースのスパゲッティ。
「野菜は・・・ トマト?」というくらい繊維質の足りない1品ですが、
こういうものだと思ってて下さい(食物繊維は他のもので摂りましょう(笑)

トマトソースのレシピは以前にアップしてます(こちら)
でも、「えー? トマトソース作ってる時間がない! 面倒!」という方は、
市販のトマトソースを使っても構いません。 でも市販のトマトソースって
あんまり美味しくないので、応用のコツを。

◆ 缶入りではなく瓶入りを買う(缶臭いのが気になるので・・・)

◆ 顆粒コンソメ、砂糖、メープルシロップ(ない場合は砂糖を増やして)、
   パルメザンチーズを加えて煮込む。 

手作りトマトソースには敵わないけど、ちょこっと手を加えると使える
トマトソースになります。 
vealp2w.jpg 
ごちそうさまでした♪

Posted by R*
comment:6   trackback:0
[ニク。牛
ケベックの郷土料理・フォンデュシノワーズ

guestroom1w.jpg
またもやご無沙汰しております(汗)
7月6日から1週間日本からお友達が来てくれてたので、夏休みを満喫しておりましたw
夏休みに入って作業場と化していたゲストルームを片付けて、どうにかお友達が
泊まれる状態にぎりぎりセーフ(棚を増設したので、壁の額がずれてますが(汗)

お土産もいっぱい色々ありがとうございました。
詳しくは課題提出と共にご紹介出来たら・・・と思ってます(「出来たら」ですから(笑)

6日の夜にモントリオール到着だったので、7日はリクエスト通り、マーケットへ。
月曜日のアトウォーターマーケットは、がらがらで穴場です(と肉屋さんが仰ってました(笑)
人が少ないので商品も充実してるしサービスもいいらしいです(肉屋さん談w)
atwatermarketw.jpg
ブランチをマーケットのパン屋さんで。 私とチョコ星人はクロックムッシュを。
ゲストさんはパニーニをセレクト。

マーケットの後はお買い物をして、お楽しみの夕食はリクエストのチャイニーズフォンデュ。
fonduechinoise1w.jpg
チャイニーズフォンデュ(フォンデュシノワーズ)は、こっちで缶詰で売ってる
チャイニーズフォンデュ用のブイヨンで赤味赤身牛肉のスライスを煮て食べる
ケベックの料理です。 使うのは、すき焼きにするとやたら不味い(笑)
ばりばり赤味(じゃなくて、「赤身」です!!!(笑)の肉のスライス。
fonduechinoise4w.jpg
このようにフォンデュの串でくるくる巻いて、これごとブイヨンに入れて煮ます。
fonduechinoise5w.jpg
fonduechinoise6w.jpg
ソースはまさかのケチャップとマヨネーズを混ぜた簡単なもの(笑)
マヨにカレー粉を混ぜたものとか、シザーサラダのドレッシングというのもありますが、
これが一番美味しいと思います。 
勿論マーケットで買ったチーズとパテも一緒に豪華な夕食♪
fonduechinoise2w.jpg
今日のパテセレクトは、カリブのパテと猪のパテ。
カリブというのはトナカイみたいなもんらしいです(よくわかりません)
fonduechinoise3w.jpg
この日は7月7日だったので、七夕にちなんでデザートは・・・
fonduechinoise7w.jpg
葛切りでした♪ お友達にいただいたものです(自分で作ったんじゃないですよ)
こんな感じでパワフルに過ごしたお友達との1週間の初日でした。

R*のお気に入りL'Expressを越えるかもしれない(?)レストラン紹介と
ケベックシティのレストラン紹介もしたいと思ってますので、お楽しみに♪

Posted by R*
comment:4   trackback:0
[ニク。牛
ブレイジングというテクニック。
braisedmeat1.jpg
自分のブログの画像認証が面倒くさくてアクセスしてないR*です・・・(元も子もない)

かなり暗い写真で申し訳ないんですが・・・ 
そろそろモントリオールも春(というか初夏?)だというのに、
未だにはまっている調理法です。 ちょっと時間がかかるので平日には
無理なのが残念。 週末ごはんの定番になりつつあります。

ブレイジング(braising)というのは、高温で肉の外側を焼いてから、鍋の蓋をして
煮汁を入れて加熱調理する方法です。 すじ肉などのそのまま焼くだけでは
硬くて食べられない肉の部位の調理に最適です。 日本ではコンロの上で加熱するのが
一般的ですが、この方法だと吹き零れる可能性が大。 コンロから目が離せません。
こちらでは、蓋をしたダッチオーブン(ル・クルゼみたいなもの)をオーブンに
鍋ごと入れて加熱します。 タイマーさえセットしておけば、放っておけるので簡単。
蒸し焼きのように調理されて、肉もほろほろ。 美味しく仕上がります。

今回はその調理過程の写真を撮ってみました(確か以前にも一度紹介したけど)
かなり暗い写真なので美的感覚は癒されませんが(笑) 
レシピはあってないようなもの。 詳しくは、more...↓からどうぞ♪

 【more...】

Posted by R*
comment:2   trackback:0
[ニク。牛
ビーフ・ウェリントン
henshoku-dinner-8-r60.jpg

ビーフ・ウェリントン
Beef Wellington

これしかまともな写真がないのが残念ですが、ボリュームたっぷりの美味しく、簡単で
かつ豪華な一品です♪ 牛フィレ肉の外側だけに焼き色をつけたら、パイ生地で包んで
オーブンで焼くだけ。 パイ巻きは前もってやっておいて冷蔵庫で保存。 焼く段階だけを
食べる直前に。 こういう小さな段取りがおもてなしを成功させる秘訣ですね♪
(おもてなしの良し悪しはメニュー立て、段取り計画から始まっています!(と偉そうに(汗)

ソースはベアネーズソースというシャロットのみじん切りを入れて煮詰めた白ワインと
タラゴンワインヴィネガーに卵黄とバターを加えたもの。 濃厚だけどビネガーでさっぱり
したとろり系のソースです。 市販のブラウンソース(グレービーとか)やマッシュルーム
入りの赤ワインソースでも美味しくいただけますね♪ 

このパイの上に2つ葉っぱがついてるのは焼き具合がミディアム。 ウェルダンのパイ包み
には葉っぱを1つつけて、焼いてから「あれ? どっちがどっちだっけ・・・?(汗)」となる
危険を避けてみました♪(折角のフィレミニョンをウェルダンで食べる神経も理解出来ないが)

それではいつも通りmore...↓をクリックしてレシピを出してね♪
今日もクリック☆よろしくお願いします。

ba_blue.gif 20060225075712.gif

Beef Wellington is beef fillet wrapped in pastry dough.
The combination of juicy beef and crispy pie dough will certainly
impress your guests (because they don't know it is easy to make :-)
If you use frozen pastry dough, it is extremely simple to make
Beef Willington.  Click more...↓ to get the recipe and give it a try.

I also wrote a recipe of Bearnaise sauce (reduced white wine
and wine vinegar mixed with egg yolks and butter).  If you prefer,
you can serve Beef Wellington with brown (gravy) sauce with
vegetables like mushrooms. 

If you like the recipe, please click the blue-and-white Recipe Blog
icon and the orange FC2 Blog Ranking icon placed above to
vote for me!!

 【more...】

Posted by R*
comment:10   trackback:0
[ニク。牛
ある日のごはん◆pain de viande
pain-de-viande-r70.jpg

ある日のごはん◆pain de viande

最近超高カロリー外ごはんやお菓子の記事ばっかりなので(汗)、R*家の普段のごはんなんて
ものを載せてみました(写真、デカイね・・・(汗) メインはグリルしたパプリカ、茄子、ズッキーニを
挟んで焼いたミートローフ(フランス語では、pain de viande:「お肉のパン」って言うんです)。
(more...↓に一応レシピ載せておきますね) ミートローフはハンバーグと材料が同じ。
型に入れて焼くことで、大人数でも一気に出来ちゃいます。 私は使い捨てのアルミの
パウンド型で作ったので、切り分けた後は捨てるだけ。 後片付けも楽チンです♪

付け合せに、薄めに皮ごとスライスしたじゃがいもにオリーブオイルを塗って塩・胡椒、
パセリのみじん切りを振りかけてオーブンで(20分程)焼いたものを。 焦げてるところは
ポテトチップスみたいに、厚めの部分はほっくりポテトで、ダブルの食感が楽しめます。
サラダは超簡単バージョン。 サラダ菜を洗うのが面倒だったので(こんなのばっかり・・・(汗)、
中身をくり抜いたトマトに胡瓜のサラダ(塩・胡椒、ほんの少しのミント、レモン汁、
オリーブオイルで味付けしたもの)を入れてみました。

「な~んだ? カナダでも普通のごはん食べてるんじゃん?」と思ったら(笑)、クリック☆
よろしくお願いします。

ba_blue.gif 20060225075712.gif

This is my regular day supper plate (I just wanted to show you that
I am not eating out everyday or going crazy with sweets :-)
I added grilled vegetables in meat loaf (click more...↓ to get the recipe)
to make it a little more special than usual.  Side dishes are oven-baked
potato chips and cucumber salad in a tomato cup. 

If you like the recipe, please do not forget to click the blue-and-white
Recipe Blog icon and the orange FC2 Blog Ranking icon placed above
to vote for me!!

 【more...】

Posted by R*
comment:14   trackback:0
[ニク。牛
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。